ニース風サラダ

みほです。

今日はあいにく雨ですが、爽やかな季節になってきましたね!

あと2ヶ月もしたら真夏っ!!

気温の上昇とともにテンションもアップする毎日です。

                                                                       

さて、今日はそんな真夏先取りのお料理です。

タイトルにも書いてしまいましたが、

その名も『ニース風サラダ』です。

フランスではサラッド・ニソワーズと言って、その名のとおりニースの定番料理です。お店によって若干中の具材は違いますが、地中海の海の幸とゆで卵、トマト、オリーブ、サラダ菜などをたっぷりと入れています。まさにメインディッシュにもなりえそうなサラダです。

カンパーニュではお野菜たっぷりはもちろんのこと、コレもいれています。

なんでしょう????

`

正解はマグロです。

新鮮なマグロをハーブと一緒に低温のオイルでじっくりと火をいれます。

コンフィという技法なのですが、このマグロのコンフィを軽くほぐし、自家製のツナの出来上がりです。それを色とりどりに盛ったサラダの中に加えます。

ね、おいしそーうっ!!

ちょっと『夏』を意識したオードブルです。

野菜をもりもり食べたいとき、白ワインを美味しく飲みたいとき、いかがですか?

これはメチャメチャ合うと思いますよ!

みほ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。