幻の黒豚、アグー豚を求めて 沖縄県宮古島へ その2

昨日は、宿泊している宿のそばで島唄のライブを聞きながら、らっきょうやもずく、ゴーヤチャンプルをあてに、オリオンビールと泡盛を飲みました。

三味線やギターの音色に合わせて、泣く人、笑う人、踊りだす人、みんなはじけまくっています。

島はこういったたぐいの酒場が多数あり、飲んべの人には嬉しい限りでございます。

2日、3日目は早朝から日が暮れるまでひたすら島を歩きました。

みなさん、大変人なつっこく、気軽にあいさつや声をかけてくれます。

残念ながら、お目当てのアグー豚とは遭遇する事はなかったですが、この島にはたくさんのお宝があります。

舟をつないだまま

ぬれて愛したひと

ハイビスカスどこかで見たら

想い出してほしいのよ

潮風に吹かれると     

想い出すあなたのこと

口笛を真似しても

夏の日はかえらないの

‘‘

    誰もいない海 二人の愛を確かめたくて

    あなたの腕を すりぬけてみたの

    走る水辺のまぶしさ 息も出来ないくらい

    早く 強く つかまえに来て

    好きなんだもの 私は今 生きている

                                                  シンシア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。