マイケル

 

1月4日 月曜日、 久しぶりの休日です。大好きな銀座へ直行です。

目的はマイケル・ジャクソンの映画 「This is it」 を観る事です。丸の内ピカデリーという映画館についてまずポップコーン大とアイスコーヒーを買います。これはお決まりのパターンです。

10分間の予告編はとても長く、たいくつです。ちなみにポップコーン大はすべて食べつくしてしまいました。ペース配分がとても下手です。

いよいよ本編の始まりです。胸の鼓動が高鳴ります。

約20年前ぐらいになるのでしょうか、マイケル・ジャクソンが初来日した時、東京ドームのライブコンサートに観に行きました。

当時スリラーが大ヒットして、まぎれもなく「キング オブ ポップ」歌やダンスはもちろんの事、観客に喜んでもらいたいというマイケルのサービス精神にえらく心を打たれました。

その後も、いくつかのコンサートに行きましたが、マイケルジャクソンを超えるライブは、いまだに出会えていません。あのライブコンサートは今でも鮮明に焼きついています。

「This is it」の映画の内容については、リハーサルシーンが多いのでライブで観たほどのインパクトは薄いですが、マイケルのバックダンサーやスタッフ達に対しての気配りや心遣い、謙虚さにはとても感心し、自分も学ばせてもらいました。

「僕は怒っているんじゃない。愛なんだ。」

この言葉はとても印象的でした。東京でのライブをもう一度観たかった。バックダンサーとして、一度でもいいから踊ってみたかった。

尊敬するマイケル・ジャクソンに心からご冥福をお祈りいたします。 続く

                                   シェフ 塩川

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。