台東デザイナーズビレッジ レポート

 

台東区は昔からものづくりの町。

そして職人さんに寛大な町。

靴やバック、帽子、アクセサリーなどが地場産業です。お隣の町、小島小学校が2004年に廃校となり、台東区が若手デザイナーを育成しようと、創業支援施設として再利用した、デザイナーズビレッジこと通称「デザビレ」だ。

ここを出られた一期生のデザイナーの人達が台東区内に拠点を置いて独立しています。

次々にこの物の売れない殺伐とした時代に、みなさん情熱を持ってガンバっておられるようです。

僕も良い意味で刺激と元気をもらっています。この日は年に1度だけ「デザビレ」が一般開放していて、チョイと僕もお邪魔して「デザイン」をテーマに、若手の人達が何を想い、何を感じてものづくりにいそしんでいるのか、少しだけ話しをする事が出来ました。

`

デザインを少しだけでも意識して生活すると、ものの見方、町を歩くだけでも楽しくなります。

`

`

100年以上の建物。さすがに重厚感があります。さっそく中へ入ってみましょう。

`

`

女性のデザイナーが大変多いことと、動物をモチーフにした雑貨やアクセサリーが多い事に気がつきました。

「動物の作品が多いようだけど、それはなぜ?」

「動物のは、よく売れるんです。」

「動物好きなの?」

「・・・・・・・・・。」

この給湯室はいい味出してるな。水飲み場もいい。タイルの感じがなつかしい。天井の高さもいい。おっと、いけねぇ。作品を見に来たつもりが建物ばかりに目がいってしまう。正直言って「おっ、いいな。」というものがなかなか見つからない。

`

`

`

`

`

`

`

`

`

 

 ビストロカンパーニュのご近所に革製品を扱うお店、「エムピウ」というブランドがあって、ご主人が「デザビレ」の一期生だそうです。スタッフの小山さんやタロヲさんもここのミルフィーユのようなサイフを愛用して、使い込むほどに味がでてきて、人と一緒に年をとっていく。職人さんの思いや哲学までもが伝わってきそうです。デザイナーが生み出した作品を最後まで面倒をみる。そんな物に魅力を感じてしまいます。

`

 

芸術と大量生産のあいだに「作品」というものがある。

「作品」は均等やら平等とはあんまり関係がない。

「作品」は、いくらでもつくれるものではない。

「作品」は、街にたくさん存在している。

大量生産品は、どんどん迷路に入りこんでいく。

豊かな時代の人々は、「作品」のほうに興味を示す。

いま現在の売上げだとか、総合的な影響力だとかは、

大量生産品のほうが圧倒的である。

それでも、時代が目指す方向は、

「作品」の側なのだと、ぼくは考えている。

                         -糸井重里

              

                                          続く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。