Category Archives: スタッフの部屋

続ビストロカンパーニュストーリー

Share on Facebook

IMGP3530
今年はどんな1年にしようかなあーと思っていたら、もう2月。気づいたときには恵方巻きにかぶりついておりました、たなかです。スーパーで買ったんですが、もれなく方位磁針がもらえるみたいでした。親切です。

 

さて。
先日、スタッフとWEBのデザインをしていただいてるタロヲさんとでミーティングをしました。
具体的な例をあげるとスマートフォンからみたときのHPの見え方、ブログとツイッターのより広報的な使い方、ドリンクのメニューのあり方、などなど。

 

飲食店の実際は、見える部分もそうでない部分も、やるべきことが絶えません。
何かと理由をつけて、やはりブログを後回しにしてしまっていたところがあったのは確かでした。

 

せっかく素晴らしいHPがあるのだから。

 

若干懺悔にちかい話合いの末、全員で反省いたしました。「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへいくただひとつの道だと思っています」とはあのイチロー選手の言葉。できることからコツコツと。

 

数少ないカンパーニュブログのファンのみなさま、おまたせしました。た、ぶ、ん、バンバン更新されると思いますので、期待していてください。

 

HPの各メニューについては、ただいまタロヲさんにリデザインしていただいてる最中なので、こちらも超期待していてください。

 

というわけで、引き続き、塩川達司他によるビストロカンパーニュストーリーをよろしくおねがい致します。
IMGP4263

ベルギービール

Share on Facebook

 

3月ももうすぐ終わり、いよいよ4月!

やっと本格的な春がやってきそうです。

3月は東北の大震災をはじめいろんなことがありましたね。まだ事はおさまったわけではありませんが、春のあたたかさや桜の開花は人々の心を和らげてくれるのではないでしょうか。

街の活気や飲食店のにぎわいもそろそろ通常モードにならないと、と思います。支援するほうが元気なくてどうするっ!て感じです。

さて、今日はワインと同じくカンパーニュが力をいれてるベルギービールです。

ベルギービールのよさはとにかく香りが芳醇なこと。バラエティ豊かな事。特にフルーツビールといったらやっぱりベルギーでしょう。アルコール度数も3.5%くらいなものが多く、お酒に弱いマダム、マドモワゼル、そしてムッシューにもおすすめです。

今回新入荷のベルギービールはその名も『デュ・カシス』

なにを原料としたビールなのか一目瞭然ですねw

実はセント・ルイスというビールのカシスをずっとお出ししてたのですが、残念ながら終売。その代役で選ばれたのがこのデュ・カシスです。カシスの強いフルーツ香が舌や鼻を爽やかに刺激し、のどを炭酸とともにさっぱりと通っていきます。

もうちょっと甘みがさっぱりとした方がお好みの方は『ポンム・クール』

リンゴやマルメロ、プラムを原料としており、ビール界のシードル。さっぱりとしたリンゴの香りは定番の人気ビールです。

ただ・・・、こちらも輸入元さんが手を引いてしまうため、現在ある在庫がなくなり次第終了(涙)とってもファンが多かっただけに残念です。興味のある人はまだあるかどうかスタッフに聞いてみてくださいねー。(みほ)

デザート!デザート!デザート!

Share on Facebook

おそらく「後ろ通ります」が去年の最多発言ワードだとおもいます。おみくじは吉。遅くなりましたが、おめでとうございます!今年も後ろ通ります!オーブンあけます!たなかです!

12月はクリスマス前ごろから猛ラッシュのようにランチにもディナーにもたくさんの方に来ていただきました。ありがとうございました。

クリスマスが過ぎ、お正月が過ぎ、1月はすでに折り返し地点を通過・・・光陰矢の如し・・・!もう量販店店頭にはさまざまなチョコレートが並んでたりしますね。年末バテバテだったのが遠い昔のようです。笑

さて、今年の目標。第一に体力をつけること。タフに一年すごしたいです。持久力が何よりも課題。健康第一!

去年を振り返れば、1から何もかも教わった前年に比べ、余裕があったのかな。自分にとってはデザートな一年でした。

ルセット(レシピ)から逃げずに、小さい気づきから徐々に変化をつけて、実験、実験。全く同じ分量でも、生地の温度や使う鍋の径が違うだけで仕上がりが微妙にズレたりします。ちょっとずつ改良して、理想の状態に近づけることができたし、安定感がより増したと思っています。

とくにこだわったのがプリン(iPhoneのピンボケ画で失礼!)。牛乳、卵、砂糖、バニラ。材料はこれだけで、苦み、甘み、口当たりをバランスよく整える、これでもかというくらいシンプルなデザート。作業自体も難しくない。いやー、でも最高にうまいんですなこれが!地味にこだわったプリン、食べてもらいたいなー。
今年はデザートでちょいちょいブログ更新します!乞うご期待!本年もどうぞよろしくおねがいします。

浅草 酉の市

Share on Facebook

 

先日、浅草の酉の市にスタッフみんなで行ってきましたっ!

実は酉の市に行くのは地元っ子のシェフをのぞけばみんな初めてです。

ちょうど日曜ということもあってお店が早く終わったので、

シェフの『ちょっと行ってみる?』の号令でスタッフ全員でGO!です。

ウィキペディアによると酉の市とは全国の鷲(おおとり)神社で11月の酉の日に行われる祭礼みたいですね!そして酉の市で縁起物を買う風習があるようです。東京では浅草と、恵比寿に鷲神社があるそうです。

鷲神社のまわりは露店でいっぱいです!日曜の22時をまわってるというのにまだまだすごい活気!

`

山さんにりんご飴を買ってもらいました。やったー!!

`

シェフはベビーかすてら、田中君はチョコバナナ、山さんはカラメル焼きを食べながら神社へ向かいます。

どれも味はイマイチですが雰囲気もあり、楽しく頂きました。

`

`

`

`

神社はたくさんの提灯で飾られており、みんなのテンションもさらにアップです!

`

`

`

縁起物の飾り熊手もたくさん売られています。

 

`

 

 

 

 

 

 

 

`

`

`

`

`

`

`

`

`

`

`

`

福徳を鷲づかむ、かき集めるという意味があり、たくさんの商売屋の社長さんが買いにきます。

小さなものからどこに飾るの?ってなくらいな大きなものまで様々です。

ウン十万円クラスのものはさすが、著名人や大会社の方々がお買い上げのようです。

`

`

`

商売繁盛、幸せをかき集める熊手。カンパーニュは去年買った熊手を店に忘れてしまい、納めることができませんでした。二の酉の時にちゃんと納めて新しい熊手を買わねば、です。

この後はお酉さまラヴァーな常連さん達と合流して楽しくお酒を飲みました。

それにしても、この酉の市がはじまると、みなさん年の瀬を感じるようです。そういえば今年もあと2ヶ月切ったんだっけ・・・。『今年もありがとうございました、来年もよろしくお願いします!』と挨拶する時期も、もう間もなくです。

心情としては『今年はもう一度来てください。来年も、もちろんよろしくお願いします!』なんですけどね(笑)。

みほ

本音の飲食店

Share on Facebook

 

シェフから本をプレゼントされました!

少し前のこと、いい本があるから今度読んでみなよ!って言われてた本です。ありがとうございます、シェフ。やったーーっ!!

本を一気読みする事ができない質なので毎日少しずつ読み進めています。

タイトルは稲本健一さん著の「本音の飲食店」です。

飲食業の人にはもちろん、他の業種の方々にもあてはまるんじゃないかなってことが沢山つまった素敵な本です。

気に入ったくだりを少し引用させてもらうと、

「食事中の人は誰でもエネルギッシュ。お客さまがたくさん入ってるレストランはエネルギーで充満している。」

飲食店が多くある場所は街を活性化させます。それは食べる人が放出するエネルギー、お店が放つエネルギーで満たされてるからだと思います。自分の店も他人の店も関係なく、みんな楽しそうに食べて、飲んでるシーンは本当にいいものですよね!カンパ―ニュも、いつも活気がある、元気な店でありたいと思います。

「料理をつくるのもカクテルをつくるのも、メニューやインテリアをつくるのも全部クリエイティブです。でも一番大事なのは人間関係をつくるクリエイティブ。」

また、良好な人間関係はポジティブでないとつくれない、とも言っています。本当に、そうですよね。レストランはチームだと思っています。いくら個々の能力が高くても連携プレーができなければ試合に負けてしまいますよね。人間関係は結果そのままお店に反映されます。この一言が一番、ぐっときました。

いい本は巡り合いだといいますが、この本は自分にとって、とっても「いい本」だと思います。まだ全部読み切れていませんが、少しずつ、楽しみに、読んでいこうと思います。

(みほ)

1 / 512345


Bistro Campagne