グラスワイン、ロゼ

 

みほです。

いや~汗、 昨日今日と暑いですね~!

これなら雨の方がまだマシ。。。と思ってしまいます。

 

さて、カンパーニュに新しいグラスワインが登場ですっ!

ジリジリとくる暑いに日ピッタリの爽やかワイン。

コート・デュ・ルーション・ロゼ2009

ピュイグ・パライという造り手さんのもので、

フランスのルーション地区という、限りなくスペイン国境にほど近いところに位置します。

明るいサーモンピンクというよりは、レッドチェリーのように、深く、澄んだ色をしています。ロゼワインだと甘口のものも多いのですが、これはキリッと辛口です。

シラー40%、グルナッシュ30%、カリニャン30%というブドウのブレンド位から、ややボディも感じられる、まさに前菜にもメインにも対応できるマルチプレーヤーです。

前菜なら以前紹介したニース風サラダや、メインならブイヤベース、子牛のトマト煮なんかにもよく合います!

ちなみに、ラベルの文字はピュイグ・パライのご当主みずから書いたものです。

なかなか味のある字を書くと思いませんか?

人柄が出てますねっ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。