クリスマスイブの1日

クリスマスイブの1日        byシェフ

 

12月24日 「晴れのち時々曇り」

朝7:00に起床して、顔を洗い、天気予報を見る3分後には

コックコートに着替えてジャンバーを羽織り、築地の魚河岸へ向かう。

これがシェフの毎日の日課です。

クリスマスイブを意識しないと言えば嘘になるが、なるべく自然体で料理を作りたい。少しでも良いから仕事を楽しむことを忘れずにいたい。

8:00に魚河岸に着く。

魚を見ると胸が高まり血が騒ぐが衝動買いはしない。

千葉県勝浦産の金目鯛を4本、ホウボウを2本、地ハマグリを2kg、三陸産のカキを1kg、北海道産生ホタテを2パック。

ソースアメリケーヌ用にブルターニュ産オマール海老を2本、どれもこれもグランメゾン級の高級食材だがあえてシェフは使う。

帰りに築地のカフェでコーヒーを買い、急いで蔵前へ。

9:30分に店に帰り、スタッフ全員で魚をおろす。

その後、次々と契約農家からの野菜が届き、下ごしらえ。

12:00にランチの始まり。

14:00にラストオーダー。

15:00にスタッフの賄い。

「最近休憩があげられないなー。

働き者のスタッフ達に感謝、感激。」

クリスマスは初めて来られるお客様も多いので通常のメニューを知ってもらいたい。

あえて特別なコースメニューは使わず、便乗値上げもしません。

よくあるでしょう、クリスマスになると2倍も3倍もはね上がるお店が・・・

1席だけ空いてたテーブルもうまり、満席です。

この1週間はとても忙しく、体は少々きつい。

終わってみれば午前2:00

朝7:00からノンストップ、「よく働いた~。」

シェフの長い長い1日でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。