Monthly Archives: 11月 2012

解禁ですねっ!

Share on Facebook

20121115-022423.jpg

このブログを書いているトキ、既に11月の第3木曜日の午前0時を過ぎているので、ハレテ『ボジョレーヌーボー 解禁!』です。

今年もビストロ・カンパーニュでは、あるひとつの蔵元のボージョレーに目をつけました。

ピエール・エ・ポール デュルディリ

なにやら舌をかみそうなドメーヌの名前ですが・・・。

このデュルディリ家は160年前から先祖代々の土地を耕し、ブドウを栽培し続けてきました。

その情熱はワインの品質によく表れていて、採算度外視の低収穫量、ハイコストパフォーマンスで、飲む人を魅了させてきました。

実はボジョレーヌーヴォーは1999年からはじめたみたいですね。

それまでは新酒は造らなかったのですが、熱烈なデュルディリファンが
『ヌーヴォー造ってくれーっ!!』
ってお願いしてリリースされたみたいです。

〜2009.11.13 みほブログ引用〜 ( みほさん、勝手にごめんね、許して!)

20121115-024710.jpg

↑コチラが 2012. 11.14 (水) の夕方にお店に届いたばかりの今年のヌーボーのピエール・エ・ポール デュルディリ

限定12本の入荷のみ!早いもの勝ち!
ボトル売り〜 ¥ 3980
もちろんグラスでもお出ししますよ。
グラス売り〜 ¥ 700

そもそもなんで11月の第3木曜日の午前0時からではないと呑んではいけないのでしょうか?
この法律を破ったらどうなるんでしょうか?
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ちょっとだけ解説を…。

フランスでは、従来は、ちゃんと熟成させたワインしか売れないことになっていたようですが、ボージョレでは19世紀から、収穫したのちのワインを早く売る習慣がありました。

1950年になってようやく、新酒の販売が正式に認められ、収穫後のワインをいかに早く売るかが競争になってしまいました。
そうなると、当然、十分ワインとして熟成されていないものも出回ってしまうような事態になってしまいました。

それで、11月15日を解禁日とし、その時まで、ちゃんとワインとして熟成させるようにした、ということのようです。
なお、1985年には、解禁日が、今と同様、11月の第3木曜日午前0時に改められました。
フランスでは日曜は商店などが休みで、15日が日曜と重なると影響が出るという理由で改められたそうです。

ただこれはフランスの国内法なので、海外で違反行為が有った場合、厳密に処罰が下るかといえば、そうではないようです。

海外輸出品の場合、開封及び、販売日時に関しては、輸入元、代理店等の「お願い」と言う形になってしまうのが現状で、あくまでも「お願い」なので、販売側のモラルに依存する形となってしまう訳です。

もちろんウチのお店もモラルを守って、まだ1本も抜栓しておりません。
本日のランチより、販売します。

日付変更線の関係で、日本が最も早く解禁日が訪れます。1980年代の私がまだカワイイ子どもだったバブル絶頂期の頃なんて、ホントお祭り行事でよくテレビのニュースで放送されていたのを思い出します。

残念ながら、昨今はそのような勢いはありませんが、「初物」「旬」を粋だとする日本人としては、ボジョレーの解禁は、季節感を感じさせてくれる風物詩でしょうね。

ご清聴ありがとうございました。
最近は、通勤のランニングも慣れてきて、若返りに励んでいる『山』でした。

明日から『SPEAK EAST!』

Share on Facebook

20121101-035833.jpg

大分、久しぶりの更新になってしまいました、すみません。
最近、何年ぶりかに?パーマをかけ、お店までの通勤をランニングしてイメチェンを図ってる「山」でございます。中々、体重の方は減らず…、食欲は減らず…、トホホ。

まぁ、前説はこんなとこで、明日より2012.11.2 fri/3 sat/4 sun の3日間 『SPEAK EAST ! vol.3』が開催されます。

SPEAK EAST とはなんぞや?とお思いになると思いますので、私で申し訳ありませんが、簡単にご説明を…。
東トーキョーエリアを拠点とする家具、革バッグ、ジュエリー、アクセサリー等、各分野で活躍するクリエイター達が集結し、自身のアトリエ、ショップから同時発信するイベント。
各ショップやアトリエでは新製品の予約やワークショップ、期間限定商品の販売などを行うほか、デザイナーやつくり手と直接話せたり、アトリエを覗いたり出来る。マップを頼りに好奇心を発見できる3日間。

今年はBINGOを開催、参加ショップでBINGOカードをもらい、行きたいお店を周りながらBINGOを揃えていく催しもあるとのこと。BINGOになれば参加ショップの特典が受けられるそうです。

まだまだココに書ききれないほど、盛りだくさんの内容なので、詳しくはこちらを→ http://www.speakeast.jp/

しかもウチの店 、ビストロ カンパーニュも間接的に参加させて頂いてるんです‼

ウチのお店にもワインを入れて頂いてるワインショップWine StylesさんがSPEAK EAST!に参加されており、ワイン・スタイルズさんでは、毎月開催されているワインと料理の相性を楽しむマリアージュ・テイスティング。この3日間ももちろん開催されるのですが、ここで出される料理をウチのお店から提供させて頂くことになりました。

20121101-025847.jpg

Wine Styles
〒110-0016 東京都台東区台東3-40-10 大畑ビル 1F
03-3837-1313
営業時間 10:30〜20:00
http://www.winestyles.jp/index.html

http://ameblo.jp/winestyles/day-20121011.html

今回、提供させて頂く料理はウチの定番、『鶏レバーのムース』です。

20121101-031016.jpg

ワイン・スタイルズさんで今回皆様に召し上がって頂くワインは、今年設立150周年を迎えたシャンパーニュ・ボネ・ポンソンが南西地方フロントンで造る濃厚な赤ワイン。
フロントン・コンフィデンティエル 2009
<シャトー・ボネ>

鶏レバーのムースとの相性もバッチリでしょうね!間違いありません‼
皆さん、この3日間、ワイン・スタイルズさんで素敵なマリアージュをお楽しみ下さいね。皆さんが楽しまれてる間、ウチの野郎3人は必死こいてランチ営業ガンバリますのでww

SPEAK EAST !で手にされるMAPに、私が手描きでウチのお店も書いておきました!(もちろん皆さんが手にされるものには書かれておりませんので…、残念…。)

20121101-032036.jpg

ウチのお店の前の大通り、「国際通り」、またの名を最近では「イケメン クリエーター通り」と呼ばれております。
この3日間、蔵前にお越しの際は『バッグ、財布のお店・RENさん』にお立ち寄り、『草木染め、ファブリック・ファッション MAITOさん』『バッグ、革製品・エムピウさん』『文房具店・カキモリさん』、この順番で周って下さい。ここはどこもイケメンのオーナーがいらっしゃいますので。そしてついでに箸休め?にウチのお店も寄って頂けると有難いです。ウチにはイケメンはおりません、悪しからず…。山でした。

1 / 11


Bistro Campagne