日本一ちっちゃな料理学校 その3

 

じゃがいものムースリーヌ

本日の食材も前回に続き、じゃがいものメークイーンです。

フランスはじゃがいも大国。もうほとんど文化です。これを使ってムースリーヌを作りましょう。ポークのソテーやビーフシチューの付け合せにもピッタリ。なめらかさがポイントでお洒落な一品です。さっそく始めます。

作り方

①メークイーンはよく洗い、ピーラーを使って皮を剥き、水、岩塩と一緒に鍋に入れ、水から沸かして40分ほど茹でます。竹串でさしてみてスーッと抜ければOKです。

 

 

 

 

                

②茹で上がったら湯を切り、空焚きして水っぽさを飛ばして下さい。熱いうちに手早く動かすか、マッシャーでつぶしてください。

`

 

`

 

  

 

③別の鍋に牛乳、生クリーム、塩、胡椒、ナツメグをいれて一度沸かし、①の裏ごしたメークイーンを加えてなめらかになるまでスパテラ(ヘラ)で混ぜ、最後にバターを加えて仕上げです。

`

`

`

`

`

 

`

 材料

・じゃがいも(メークイーン)・・・・・6個

・岩塩・・・・小さじ1

・牛乳・・・・350cc

・生クリーム(乳脂肪42%)・・・・100cc

・バター・・・・50g

・塩、胡椒、ナツメグ・・・少々

`

 

 器材

・ピーラー

・包丁

・裏ごし器またはポテトマッシャー

・鍋

・ボウル

・スパテラ

`

 

 シェフの一言アドバイス

・メークイーンの皮は必ず剥いてから茹でてください。(皮のまま茹でると仕上げに粘りがでてしまいます。)

・茹でたら水分をよく飛ばしてください。(仕上げが水っぽくなります。)

・作り方③はメークイーンが飛び散る可能性があります。火傷をしないよう長袖を着て、軍手をつけましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。