Category Archives: ワインのこといろいろ

解禁ですねっ!

Share on Facebook

20121115-022423.jpg

このブログを書いているトキ、既に11月の第3木曜日の午前0時を過ぎているので、ハレテ『ボジョレーヌーボー 解禁!』です。

今年もビストロ・カンパーニュでは、あるひとつの蔵元のボージョレーに目をつけました。

ピエール・エ・ポール デュルディリ

なにやら舌をかみそうなドメーヌの名前ですが・・・。

このデュルディリ家は160年前から先祖代々の土地を耕し、ブドウを栽培し続けてきました。

その情熱はワインの品質によく表れていて、採算度外視の低収穫量、ハイコストパフォーマンスで、飲む人を魅了させてきました。

実はボジョレーヌーヴォーは1999年からはじめたみたいですね。

それまでは新酒は造らなかったのですが、熱烈なデュルディリファンが
『ヌーヴォー造ってくれーっ!!』
ってお願いしてリリースされたみたいです。

〜2009.11.13 みほブログ引用〜 ( みほさん、勝手にごめんね、許して!)

20121115-024710.jpg

↑コチラが 2012. 11.14 (水) の夕方にお店に届いたばかりの今年のヌーボーのピエール・エ・ポール デュルディリ

限定12本の入荷のみ!早いもの勝ち!
ボトル売り〜 ¥ 3980
もちろんグラスでもお出ししますよ。
グラス売り〜 ¥ 700

そもそもなんで11月の第3木曜日の午前0時からではないと呑んではいけないのでしょうか?
この法律を破ったらどうなるんでしょうか?
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ちょっとだけ解説を…。

フランスでは、従来は、ちゃんと熟成させたワインしか売れないことになっていたようですが、ボージョレでは19世紀から、収穫したのちのワインを早く売る習慣がありました。

1950年になってようやく、新酒の販売が正式に認められ、収穫後のワインをいかに早く売るかが競争になってしまいました。
そうなると、当然、十分ワインとして熟成されていないものも出回ってしまうような事態になってしまいました。

それで、11月15日を解禁日とし、その時まで、ちゃんとワインとして熟成させるようにした、ということのようです。
なお、1985年には、解禁日が、今と同様、11月の第3木曜日午前0時に改められました。
フランスでは日曜は商店などが休みで、15日が日曜と重なると影響が出るという理由で改められたそうです。

ただこれはフランスの国内法なので、海外で違反行為が有った場合、厳密に処罰が下るかといえば、そうではないようです。

海外輸出品の場合、開封及び、販売日時に関しては、輸入元、代理店等の「お願い」と言う形になってしまうのが現状で、あくまでも「お願い」なので、販売側のモラルに依存する形となってしまう訳です。

もちろんウチのお店もモラルを守って、まだ1本も抜栓しておりません。
本日のランチより、販売します。

日付変更線の関係で、日本が最も早く解禁日が訪れます。1980年代の私がまだカワイイ子どもだったバブル絶頂期の頃なんて、ホントお祭り行事でよくテレビのニュースで放送されていたのを思い出します。

残念ながら、昨今はそのような勢いはありませんが、「初物」「旬」を粋だとする日本人としては、ボジョレーの解禁は、季節感を感じさせてくれる風物詩でしょうね。

ご清聴ありがとうございました。
最近は、通勤のランニングも慣れてきて、若返りに励んでいる『山』でした。

グラス赤変わりました!

Share on Facebook

こんにちは、みほです。

だいぶ暖かくなって気持ちのいい日が続きますね。いつも迷うダウンコートの終い時もそろそろいいかもしれません。

今日はカンパーニュのグラス赤ワインが変わったのでお知らせです!

コート・デュ・ローヌとフロントンです。

写真右、コート・デュ・ローヌはローヌ地方のスーパー協同組合、エステザルグ協同葡萄栽培者組合が出してるワインです。5人の葡萄栽培のスペシャリストが各自自分達の自慢のブドウを持ち寄り、醸造したのがこのワインです。ラベルも子供が書いた農作業風景のようで可愛いですね!

グルナッシュ、カリニャン、シラーなどを使い、コクと果実味をバランスよく引き出しており、とってもサンパティック(感じのよい)ワインに仕上がっています。

そして写真左、フロントンはフランス南西部のワイン。

ブドウはネグレットという地場品種を使っています。グラスに入れてその色を見ていただけるとわかるように黒々としていてパワーがバンバン感じられます。

飲みごたえのある濃い赤ワインがお好きな方は是非オススメです!

話は変わってみなさまに一言。実はワタクシみほがブログをあげるのもこれで最後です。

ただいま妊娠8ヶ月に入り、4月20日で退職となります。

カンパーニュに来て2年と3ヶ月、たくさんのお客様や仲間に囲まれて本当に楽しい職場でした。

今まで素敵な縁に恵まれてきましたが、カンパーニュがきっかけでつながった人達もこれまで以上にすてきな縁でした。よそに行けばいったでまた別の縁もあるとは思いますが、ここでよかったと本当に思っています。

しばらくは休職となりますが、ワインや飲食に携わる事が好きなのでまた復帰したいと思っています。いつになるかは未定ですが・・・。

みなさん、今まで本当にありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。またいつの日かお会いできる事を願って。

(みほ)

 

グラス白ワイン、変わりましたよ~。

Share on Facebook

こんにちは。みほです。

昨日出勤途中に今年初☆なものを見ちゃったのので思わずパチリです!

そう、桜。

近所のお寺の境内に早くも花を咲かせていました。こういうの見ると思わず嬉しくなっちゃいますね!私以外にも道行く人々が足を止めて眺めていたり、写真を撮ったり・・・。日本人ですもの、やっぱり桜は待ち焦がれた春の象徴。みんな大好きです!

そのうち満開になるんでしょうね。楽しみです!!

さて、本題。

グラスワインの白がかわりました。

今日からラングドック地方のイサというワインです!エチケットが洒落ててとっても可愛いです。なんだか飲む前から嬉しくなっちゃうようなボトルですよね。ワインはみんなで楽しんで飲むものっ!という意思が伝わってきます。

ヴィンテージは2009年。品種は地場品種のマルサンヌという酸味をだす品種とヴィオニエというコクを出す品種のブレンドです。グラス、デカンタ、ボトルとお客さまに合わせた量でお持ちできるので是非味わってくださいね!

(みほ)

 

泡あわ。

Share on Facebook

 

暖かくなったり寒くなったりの繰り返し、春のちょい手前。

毎年のことですが、ぽかぽかな春が待ち遠しいです。

さて、今日は春に合いそうなワイン。泡あわ特集です。ちょっと暖かくなるとなぜか軽やかでフレッシュな泡ものが飲みたくなりませんか??いや、実際お客さんもそういうワインを欲する方が多くなってきます。

カンパ―ニュではいろんなスパークリングを置いてますが、実はぺティヤンも多いんです。ぺティヤンというのはスパークリングワインほど泡は強くないけど、泡は感じる。いわゆる微発泡というのでしょうか。優しい泡が口の中を包み、なんとも言えない爽快感があります。ほんとうにおいしくってあっという間になくなってしまうから不思議ですよね。

写真は一部ですが、地方もローヌ、ロワール、サヴォワなどなど。フランス全土から集結しています。ロゼなんかもグラスに入れたとき最高にきれいです!

最初の一本目として、ソムリエみほのオススメです!!

そして泡もの第2弾。

ブリュノーヴィレッジというベルギービールも再入荷しました!爽やかなグリーンラベルがこれまた春っぽい!

注目なのですが・・・ここ。

ビエール ビオロジックとあります。ビエールはビールのこと。ついにビールもビオの時代に突入ですかね!?麦を有機栽培にするのは難しそうですが、体や自然に優しいビールがどんどん増えていけば・・・と思います!

(みほ)

 

グラスワイン

Share on Facebook

 

みなさん、お元気ですか?

最近妊娠6カ月目に突入し、お腹のぽっこりも目立つようになってきたみほです。

さて今日はいま出してるグラスワインの紹介です(^^)!

白2種類、赤2種類。カンパ―ニュの料理に合わせやすく、リーズナブルでメチャクチャ美味しいラインナップです。グラスのほかにデカンタ(500ml)やボトルでももちろん対応してますよ~。

白はちょっとマニアックなガスコーニュ・ブラン。キレがよくてドライな辛口!

と、あと1つはコート・デュ・ローヌ・ブラン。以前ブログでも紹介したエステザルグ協同組合のスーパーワインです。こちらはややコクありで酸味もまろやかです!

どちらもヴィンテージュは2009!とってもいいヴィンテージでシェフは2009年の熱狂的なファンです(笑)

赤はトラパディスさんのコート・デュ・ローヌ。重すぎず軽すぎずバランスがよくって果実味たっぷり!

そしてボルドーよりやや南西に下がったところに位置するベルジュラック。濃いワイン好きな人を必ずウマイと思わせる実力派です。

ともにヴィンテージは2007。これもいい状態です。

最近ちょっとつまめるメニューも増えました。

信州くるみのロースト、ラタトゥイユ、プチ・ヴェールのフリット、ルッコラのサラダ、にんじんのラぺ、とりレバーのムースなどなど・・。お酒のアテにはぴったりです。

1 / 512345


Bistro Campagne